投稿日:2023年8月27日

解体工事が必要になる3つの理由

こんにちは!
拠点を埼玉県さいたま市岩槻区に構え、春日部市や越谷市など関東一円と福島県内で解体工事や産業廃棄物の収集運搬などを手掛けております。
今回は、解体工事が必要になる理由についてご紹介いたします。

劣化による倒壊の危険性がある

内装解体
家は、人が住んでいるときには、日常的にメンテナンスや清掃を行うことで、劣化を防げます。
しかし、誰も住んでいない家はそのような手入れがされないため、住んでいる家よりも劣化スピードが速いです。
特に、雨漏りや結露などの水分の影響は大きく、木材や鉄部の腐食や腐朽を引き起こします。
また、害虫や野生動物の被害も受けやすくなります。
劣化は放置するとより建物の強度や安全性を低下させ、最悪の場合、倒壊を招いてしまうかもしれません。
誰も住んでいない家は、早めに解体工事を行うことが必要です。

不法侵入などの犯罪が起きてしまうこともある

誰も住んでおらず放置された建物では、犯罪が起きてしまうこともあります。
例えば、空き巣や放火などの被害に遭ったり、不法侵入が起きたりなどです。
また、不法占拠やドラッグの使用などの問題行為を行う人々が集まる場所になることもあります。
これらの犯罪は、周囲の住民や関係者にとっても迷惑や危険をもたらします。
不要な建物の解体は、犯罪の現場を生み出さないためにも必要です。

建物を解体して更地にすることで問題も

建物の解体は、老朽化や犯罪から建物を守るためだけでなく、用途変更・土地売却などの理由から必要になることもあります。
建物を所有するということは、必然的に解体工事が必要になる場面が出てくるものなのです。
しかし、建物を解体して更地にすると、固定資産税などの問題が発生します。
例えば固定資産税は、建物がある場合よりも更地の場合の方が高くなりますし、また更地にすると、用途地域や建ぺい率などの規制が変わることもあります。
建物を解体する際は、将来的にどのように土地を活用するかをよく考えることが必要です。

解体工事は株式会社翔栄にお任せください!

ハートを持つスーツ男性
埼玉県さいたま市に拠点を置く弊社では、解体工事・産業廃棄物の収集運搬・造成工事・外壁塗装工事などを手掛けております。
創業以来、環境への配慮だけでなく、周辺地域にお住まいの皆様にも配慮した施工をご提供してまいりました。
安全管理・衛生管理も徹底しておりますので、ぜひ一度ご相談くださいませ。
お問い合わせページ、またはお電話からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

解体工事なら埼玉県さいたま市岩槻区の株式会社翔栄|求人募集中
株式会社翔栄
〒339-0005
埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻2-2-11 萩原ビル2F
TEL:048-878-9900 FAX:048-878-9901


関連記事

福島県川内村

福島県川内村

福島県川内村で新しい工事始まりました! …

解体工事を支える専門職人の技術

解体工事を支える専門職人の技術

こんにちは!株式会社翔栄です。 弊社はさいたま市岩槻区に拠点を構え、解体工事や土木工事、さらに産業廃 …

解体工事をご検討中ではありませんか?

解体工事をご検討中ではありませんか?

埼玉県さいたま市の株式会社翔栄です。 今回は、私たちが手がける解体工事についてご紹介します。 解体工 …

お問い合わせ  採用情報