投稿日:2023年10月20日

解体工事を避けた方が良い季節って?月ごとの特徴も解説!

こんにちは!
解体工事を得意としている、株式会社翔栄です。
弊社は埼玉県さいたま市岩槻区に構えた拠点を中心に、春日部市や越谷市といった関東エリアで活動しています。
今回のコラムでは、「解体工事を避けた方が良い季節って?月ごとの特徴も解説!」をテーマに設定しました。
解体工事を依頼する時期について迷っている方、ぜひ今回のコラムを参考にしてみてください!

解体工事を避けた方が良い季節

木造家屋解体
まずは、解体工事を避けた方が良い季節について紹介してまいります。
ズバリ、雪が積もる季節・台風が活発な季節・梅雨の季節の3つです。
冬になると雪がたくさん降る地域は特に、雪の季節は避けた方が良いでしょう。
なぜかというと、雪が積もることで重機の動きが鈍くなったり、雪かきが必要になったりするため、作業がスムーズにできないからです。
台風が活発な季節や梅雨の季節に関しても同様です。
小雨程度であれば解体工事は行われますが、大雨や暴風が伴うとなるとさすがに中断せざるを得ません。
更に、廃棄物が飛んで行ったり足場が崩れたりと怪我の危険性もあるので、この時期はなるべく避けることをおすすめします。

月ごとの特徴を解説します!

1月

1月は、解体工事の繁忙期にあたります。
年末に解体工事を行えなかった方からの依頼が来ることに加え、年始休暇も重なるので予約が取りにくい月といえるでしょう。

2月~3月

2月や3月は、解体工事の超繁忙期といえる月です。
特に公共工事の発注が多発するため、公共工事も担っている解体工事業者への飛び込み依頼は難しいでしょう。

4月~9月

4月~9月は、繁忙期が落ち着き、閑散期に入る時期といえます。
4月・5月は寒さが和らぎ、現地調査にぴったりな時期です。
一方6月~9月は、上記の通り解体工事に向いていない時期となるので、依頼の際は注意しましょう。
とはいえ梅雨の時期には、雨で埃が飛散しにくくなるなどのメリットもあるので、業者と相談しながらスケジュールを組むのがおすすめです。

10月

閑散期でもなく繁忙期でもない、更に天候が不安定でもない10月は安定した月といえます。
スムーズな対応が期待できるので、10月に解体工事を依頼することをおすすめします。

11月~12月

年末に近づくにつれ解体工事の繁忙期に入ってきます。
更に、解体工事業者は年末休暇がある場合が多いので、年内に解体工事を終わらせられない可能性もあるので注意しましょう。

新規ご依頼・ご相談を募集中!

キーボードとサイコロ
株式会社翔栄では、解体工事に関する新規ご依頼・ご相談を関東一円から募集しています。
弊社はお客様の大切な建物を解体するにあたって、真摯で丁寧な対応を心掛けています。
お見積もりやご相談は無料で行っておりますので、「まずは相談だけ……」とお考えの方もお気軽にご利用いただけますよ。
戸建て住宅やビル、工場や学校など、さまざまな建物の解体工事に対応しておりますので、解体工事をお考えの方はぜひご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

解体工事なら埼玉県さいたま市岩槻区の株式会社翔栄|求人募集中
株式会社翔栄
〒339-0005
埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻2-2-11 萩原ビル2F
TEL:048-878-9900 FAX:048-878-9901


関連記事

春日部市 ベトナム料理店(A oi Quan)にて

春日部市 ベトナム料理店(A oi Qu…

ベトナム実習生一期生のアイン君を連れて春日部のベトナム料理店に行きました! この後肉の盛り合わせもき …

埼玉県越谷市木造2階建解体工事

埼玉県越谷市木造2階建解体工事

着工前             &nbs …

さいたま市見沼区木造二階建解体工事

さいたま市見沼区木造二階建解体工事

着工前 足場・養生完了 建物を解体施工中 南面バルコニーが境界ブロックより出ていたため足場立てられず …

お問い合わせ  採用情報